家庭教師を選ぶ時のポイント

これから中学受験を受けようとするお子さんが、学習塾のような集団で授業を行うような場所に通いたがらない場合があります。
そんな場合は、家庭教師のように個人対個人で勉強するやり方が合っているかもしれません。

ただし、マンツーマンで教えるということはお子さんに対する影響力が大きくなりますから、なによりも良い先生と巡り合うことが大切です。
先生によって、指導方針や指導内容、指導歴も異なります。

成績に大きな差がでる可能性もあるので、相性が合わないようであれば違う人にお願いする事も考えなければなりません。
無料体験指導をしてもらえる場合も多いので、試してみて様子をみるのも良いかもしれません。

実績のあるプロの家庭教師を雇った方がいいのか、大学に在籍している学生のような家庭教師の方がいいかですが、これはお子さんのタイプによります。

プロの場合は指導実績があり、教え慣れているというメリットがあります。
プロの家庭教師派遣サイト(ホームページ)では、早いうちから人気プロ講師の予約が行われている場合もあります。

早いうちから資料請求をするなど情報を仕入れておく必要があるかもしれません。
担任の先生とは別に、副担任としてトップクラス講師がつくダブルティーチャー制度(W指導サービス)を行っているところもあり、より手厚いサービスを受けることも可能です。

大学生の場合は、お子さんと年齢も近いことから心情理解がしやすく、話しやすいかもしれません。
難しいとされる中学受験の面積の求め方も、小学生相手でも対等に話を聞いてくれるような人の方が、質問や相談をしやすく、良い信頼関係が築けることもあります。

プロの場合は、勉強を教えるのは上手でも、子供がなつかないことも考えられます。
勉強を教えることも大事ですが、精神面でも子供をサポートできる若者の方が、教師に向いている場合があるのです。

相性が良い場合には、実の兄弟のように仲良くなり、私生活の面でも見習うようになるなどの良い影響を受けることもあります。
受験に対しても、先生から合格体験談を聞いたり、先生に憧れることで自分も頑張ろうとやる気がでるという効果もあるかもしれません。

中学受験に合格するには、勉強するのが楽しくなるように指導してくれる先生が必要です。
厳しいだけでは、子供はついてこないでしょう。

ご家庭の予算的にも、プロの講師より大学生の方が雇いやすいということもありそうです。
合格するまでは、家族ぐるみで付き合うことになります。

最初に三者面談を行うときには、親子でしっかり話をして、お子さんに合った先生を選びたいものです。

また、他の方法としては個別指導塾に通うという選択肢もあります。

家庭教師とは異なり、大手集団塾系列であれば同じカリキュラム指導を受ける事ができることや、志望校合格実績があるなどの安心感があります。
それぞれの家庭の考え方やお子さんの向き不向きなど、総合的にみて選ぶ事が大切です。