直前の家庭教師で、中学受験の苦手科目の克服を

家庭教師中学受験を志しているご家庭は、小学校6年生までにすでに何らかの学習塾に通っているのが通常ですが、合格への最後のもうひと押しとして、直前に家庭教師を雇って、特に苦手科目の対策を練るということも少ない例ではありません。どうしても志望校の偏差値にあと少しだけ足りない、などという場合、入試直前に家庭教師の個別指導を受けることは場合によっては必要ですし、それが吉と出る場合が多いようです。しかし、子供にとっては今までなじみのなかった人に突然勉強を教わるということになるので、多少の戸惑いや、自分の生活のリズムが狂ってしまうという懸念があることは否めません。そこで直前に家庭教師という対策を採るのであれば、まずそうすることによって苦手科目の補強になり、偏差値を確実に上げることができるのかどうか、子供がきちんと納得して強化授業を受け入れることができるのかを事前にしっかり確認することが大切です。入試まであとわずかしかない毎日の中で、子供に必要以上にストレスを与えてはいけません。全部納得のうえでの最後の個別指導ならば、もう迷うことはありません。マンツーマンの授業ですから、苦手科目を中心にわかるまで教えてもらえばいいだけです。特に志望校の過去問題を中心に全部解けるまでやれば、かなり合格に近づくことができるでしょう。受験は何が起こるかわからないと言いますが、そこまで一生懸命勉強したならば、本人もきっと自信をもって当日の試験を受けることができるはずです。